FUNKY MONKEY TRAVELERS

CROSS THE MIDDLE EAST 02 -中東旅行記-

2.飛んでイスタンブール


飛行機はシンガポール航空。当然、シンガポールで乗換る。しかも5時間近くのトランジット待ち。空港内を隈なく探索し、時間をつぶす。ようやくゲートが開き、イスタンブール行きの機内に乗り込んだ。僕の座席の隣には、ちょうど日本人の2人組みがいた。彼らも卒業旅行でトルコ・エジプトと旅行するらしい。染川君と白坂君。偶然にも染川君は僕のすぐ近所に住んでいた。機内ではローカルな話題で盛り上がった
関西空港を出発して28時間後、ようやくトルコ・イスタンブールに到着した。僕は久々のアラブ世界に心が躍った。日本とは全く違う別世界。ワクワクしてくる。ヨーロッパとアジアが混在するエキゾチックな街。世界の覇者と成りえた者だけがこの街を制することができる。ローマ帝国、ビザンチン帝国、オスマン帝国。今回の旅の出発点としては申し分がない場所だ。
 筆者(左)、白坂君(中央)、染川君(右) 

筆者(左)、白坂君(中央)、染川君(右) 

とりあえず、染川君・白坂君と安宿街までバスで移動することにした。時間が経つにつれて旅の感覚が戻ってくる。スルタン・アフメット地区のバス停で降りると、そこには広々とした芝生の公園があり、その奥には、美しいスルタン・アフメット・ジャミィ、通称ブルーモスクが可憐なたたずまいを見せていた。天を突き刺す6本の尖塔と緩やかな弧を描いたモスクの屋根。真っ青な空に真っ白なモスク。幻想的な光景だ。これを見れば、だれもが「世界一美しいモスク」と認めることだろう。
モスクの美しさに浸っている僕たちのところへ、
「こんにちは!」と一人の中年のおじさんが話し掛けてきた。彼は日本語をかなり上手に話す。彼は、「トヨタ」の工場で働いていて、工場ではトルコ人の長を務めているという。なんだかうさん臭い。
「今日は休みで暇なので、イスタンブールの町を案内してあげますよ」という。
もし本当に案内してくれるというのなら、これほどありがたい話はない。
しかし、今までの経験上、こういう話には絶対乗らないほうがいい。何か裏があると思ったほうがいい。丁重に断ると、彼の息子が出てきて、名刺をくれた。「暇なとき寄って!」カーペットショップ○×△・・「やっぱり」と思った。侮るなかれトルコ・・
ガイドブックに載っていた公園近くの安宿に荷物を置き、長旅の疲れも感じずに街へと出かけた。独特のイスラムの匂いに体が興奮していた。
ステンドグラスが美しいブルーモスク

ステンドグラスが美しいブルーモスク

まずは、ブルーモスクへ。宿のすぐ近くにあったし、一番に見てみたかった。モスクに近づくに連れて、コーランの音がはっきりと聞こえてくる。なんだか「お経」に似ていなくもない。モスクの入口で靴を脱ぎ、中へ入る。天井まで吹き抜けの大きな空間。壁一面に様々な色のステンドグラスが輝いている。昔行ったイギリスのヨークミンスターを思い起こさせる荘厳なステンドグラスだ。床には深紅の絨毯が敷かれていて、神聖な雰囲気を醸し出している。内部には大勢の信者がメッカに向かって祈りをささげていた。女性信者は後方に僅かにいるだけで、ほとんど男性信者ばかりだった。男性社会だな。意外と内部には観光客は少なかった。僕たちも絨毯の上に腰を下ろし、コーランに耳を傾けた。全然意味はわからないが、なんだか清々しい気持ちになる。僕はこの旅の成功をメッカに向かって祈った。僕はこの時、すごく良い旅になるような予感がした。