FUNKY MONKEY TRAVELERS

行くしかないだろVENEZUELA 13-ベネズエラ旅行記-

13.待ってろVenezuela

タクシーで街の中心地であるセントロ地区まで連れて行ってもらい、ロンプラに掲載されていた安宿Hotel Hollywoodに入った。飛行機での慌しい移動で多少は疲れていたが、日が暮れるまでにカラカスの街を見ておきたかったので、ほとんど休憩もしないで、ボリーバル広場に向かった。

シモン・ボリーバル像

シモン・ボリーバル像

予想以上の人と車の多さに驚きながらも、その人ごみを縫うように進んでいくと、時計台のある白い教会が見えてきた。その目の前には、大きな樹木の茂る公園らしきものが見えた。それが、ボリーバル広場だった。市民の憩いの場となっているその広場では、夕方でも多くのカップルやビジネスマンが心安らぐ場として賑わっていた。白い鳩が飛び交い、それに餌を与える子ども達。華麗な筆さばきで、似顔絵を書き上げる絵描きと描いてもらっているカップル。ボッーと日向ぼっこをしているビジネスマン。とても平和そうな風景だった。そこには、「南米=危険」という図式は成り立たない。
広場の中央には、大きな馬に乗ったブロンズ像が立っていた。この馬に跨った人が「南米開放の父」と呼ばれ、ベネズエラを独立に導いた人、シモン・ボリーバルであった。日本で言えば、坂本竜馬のような存在だろうか。躍動感溢れる馬に跨ったボリーバルはいかにも凛々しく、まさに英雄の像だった。そして、彼がベネズエラという国を見守っているように思えた。他にこれといって見るものもなく、ブラブラしながらカラカスでの1日は過ぎていった。
マイアミ・South Beachにて

マイアミ・South Beachにて

翌日、僕たちはベネズエラを後にした。行きと同様に、マイアミで一泊し、翌日にダラスを経由して関西空港に到着することになっていた。マイアミには夜に到着したにもかかわらず、空港のホテルに荷物を置くとすぐに、Maruと2人でマイアミの夜の町に繰り出した。全く情報も何も無いまま、どこに行けばいいのかもわからず、タクシーに乗り込んだ。
 「ダウンタウンへ行ってくれ。」
とりあえず、思いついたのは、ダウンタウンという地名。きっと何か見るべきものがあるだろうと思った。
 「ダウンタウンへ行って、どうするんだ? 今頃から行っても何もないぜ。」
というタクシー運転手に薦められて、連れて行かれたのは、マイアミで一番いけてるスポットSouth Beachだった。
海岸通りに面したSouth Beachは、僕たちの想像を遥かに越えた巨大パーティ会場と化していた。通りは、高級車が縦列駐車で列をなし、高級レストランやバーが建ち並ぶ。12時だというのに溢れんばかりの人だかり。どの店も歌やダンスで大盛り上がり。しかも、みんなイケてるアメリカ人ばかり、という感じだった。金髪ねえちゃんはPLAYBOYとかに出てきそうな美人ばっかりだったし、そんな美人が一人の男に群がっていたりもした、きっと有名映画俳優やプロスポーツ選手なのだろう。僕たちって、なんか場違い。というわけで、イケてる店で、ビールを飲んだだけで僕たちのマイアミ観光は終了した。ある意味、恐ろしい街だった。マイアミ。
翌日、ダラスを経由して、関西空港に到着した。今年はちゃんと荷物も届いていて、トラブルもなく、無事帰国。

今回のベネズエラの旅。第1目的 エンジェルフォールを見ることは成功に終わった。しかし、第2目的 ロライマ山を観ることは出来なかった。簡単には行けない。だから人は秘境と呼ぶ。今回はそのことをつくづく思い知らされた。しかし、僕のチャレンジは終わらない。次の旅に向けて、僕はまた計画を練ることだろう。そして、いつか再びロライマ山を目指すことだろう。そのときまで「待ってろ、ロライマ。待ってろ、ベネズエラ!」