FUNKY MONKEY TRAVELERS

Nepal Trek 02 -ネパール旅行記1998-

Prayer

タメルに戻ってくるともう夕方だった。町の中を歩いていると、いろんな旅行社が声をかけてくる。トレッキングの情報収集のため何社かを覗いてみた。値段や日数、内容などをある程度聞いたが、「どうせポカラに行ってから選べばいいや」と思っていた。しかし、ぶらりと立ち寄った旅行社で話を聞くと、トレッキングのパーミッションをカトマンズで取っておいた方がいいと言う。明日手続きして、明後日ポカラに行くというスケジュールになれば、向こうに着いてものんびりとガイド探しをできそうにない。旅行社の社長は流暢な日本で、とても親切そうに僕のプランニングを考えてくれた。いろいろ考えると、自分で全てをすることが、とても面倒な作業に思えてきた。カトマンズからガイドを雇っていくのも悪くはない。
ヒマラヤの常識からいって、初心者にとっては、1人でトレッキングするのはとても危険な行為である。だから、ガイドはどうしても必要だ。ただ、普通に考えればポカラで雇う方が安くつくだろう。しかし・・。これも何かの縁かもしれない。僕の滞在日数に合わせて考えたプランは、聖地ムクティナートを目指す11日間プランだった。ポカラ~ティケドゥンガ~ゴレパニ~タトパニ・・と8000m級のアンナプルナ連峰を眺めながら、その周囲を周り、チベット仏教の聖地ムクティナート(3798m)を目指すというもの。帰りは、ムクティナートの麓ジョムソンから飛行機でポカラに戻ってくる。他のトレッキングに比べると、僕とガイドの飛行機代が高くつく。だが、アンナプルナ・トレッキングといえば、ゴレパニ岳に行く4日間程度のものがポピュラーだが、ムクティナートまで行くやつは少ないらしい。行ってみる価値はある。そう考えると、ここで契約して、ガイドと一緒に行くのが得策と考えた。
僕は”OK”して、金を払い、明後日のポカラ行きを決めた。

ストゥーパの前で

ストゥーパの前で

翌日、ネパール最大のストゥーパ(仏塔)のあるボダナートへと向かった。満員のバスに乗ること1時間、日本でいう門前町のような雰囲気の町だった。通りには多くの商店が軒を並べ、僧侶も多い。境内に入ると巨大な仏塔が建っていた。何層もの台座の上に大きな白いドームが乗っかって、その上に顔の絵が描かれた黄金の塔が建っている。高さは30mほどだろう。さすがはネパール最大の仏塔である。
このボダナートは、チベット仏教の巡礼地で、かつてカトマンズとラサとを結ぶ交易が盛んだった時代に、チベットからの商人や巡礼者が「無事にヒマラヤ越えができますように」と、必ずここに立ち寄り、旅の安全を祈願した場所。
そして、僕も、かつてチベットとの交易が盛んだったジョムソン街道を通り、チベット仏教の聖地ムクティナートに向かう。そんなわけで、この地にやってきたのには、深い意味があった。僕はこの仏塔に旅の安全と成功を祈願した。明日はポカラへ。