FUNKY MONKEY TRAVELERS

Nepal Trek 01 -ネパール旅行記1998-

Kathomandu

関西空港からネパールまでは、バンコク経由で約13時間の道程だった。空港を出ると、ホテルやタクシーの客引きが大勢待っていた。東南アジア国々でもよく目にするこの光景はネパールでも変わらないようだ。僕はタクシー運転手を選び、タメル地区にあるカトマンドゥ・ゲストハウスを目指すように指示した。しかし、運転手は行く途中で「あそこのホテルは高いから、もっと安いホテルを紹介してやるよ」と切り出してくる。これは運転手がよく使うホテルからマージンをもらう為の手法だ。僕が「安いホテルは自分で探すので、タメルに行け」というのに、全く聞く耳を持たない。「そのホテルもタメル地区にあるから・・」と。こんな馬鹿馬鹿しいやりとりで少々疲れてしまったが、これがアジアである。
結局、運転手が勧めるホテルに連れて行かれた。他のホテルにしようかと思ったが、部屋は綺麗だし、そんなに高くはない。タメルの中心地までは歩いて5分ぐらい。まあ、悪くはない。
1年半振りの旅行。旅の感覚が戻るまでには少し時間がかかりそうだ。しばらくくつろいで、街の雑踏へ向かった。砂埃とバイクや車の騒がしい音、それと独特なアジアの匂いがする。通りには、ホテル、みやげ物屋、旅行会社が軒を連ねる。人通りも多いが外国人の割合も高く、まさに無国籍状態。これがヒッピー街のタメル。今も昔も、世界中のバックパッカーが集まってくる。そんな意味では、バックパッカーの聖地なのだろう。そして、僕もその巡礼者の1人なのだ。

スワヤンブナート

スワヤンブナート


街を歩いていると、みやげ物屋や旅行会社から声がかかる。そんな声を無視して、僕は街の西に位置するスワヤンブナートを目指した。ここは太古の昔、カトマンドゥ盆地が湖であった頃から、建っていたという伝説を持つ、丘の上に建つ寺院である。スワヤンブナートとは万物の創始者という意味があるらしい。道に迷いながらも、何とか入り口に着くことができたが、寺院のある丘の頂上まではさらに数百段の階段を登らなければならない。階段と悪戦苦闘しながら、何とか頂上に到着した。この階段如きでくたばるようでは先が思いやられる。頂上からの街の眺めは素晴らしい。高いビルが1つもない美しい町並みとカトマンドゥの街を取り囲む山々。
ペルーで会ったおばさんが言っていた「何もしなくても、ボッーとしているだけでいい街」という意味がわかった。
頂上からカトマンズの眺め

頂上からカトマンズの眺め